「CBD」ことカンナビジオールとは、ヘンプ植物に含まれているカンナビノイドのうち、薬理作用があるとされている非精神活性化合物です。

日本では所持自体が法律の規制対象となっていますが、産業用ヘンプ植物の一つとして扱われています。医薬品としては分類されていないものの、世界中で研究が盛んに行われていて、医療従事者や科学者の注目を集めている成分です。

主な使用用途には、ナチュナルオイルや電子タバコなどの吸引機器(ヴェポライザー)があります。後者の目的で使用されている形状としては、「CBDワックス」が有名です。

吸引装置としての使われていることから、食用に適しているのかという疑問がわきますが、口に入れても害はないことが判明しています。

「CBD」に結晶粉末タイプにした「CBDクリスタル」は、産業用ヘンプ植物の余分な成分や樹脂を取り除いて作られています。

カンナビノイドが純度99パーセント含まれる他に、香りのもととなるテルピンという成分で構成されており、無味無臭であることが特徴です。

不安やストレスを感じた時に、気持ちを落ち着ける作用があり、内因性カンナビノイドシステムにより、体の機能を維持する効果も持ち合わせています。

CBDクリスタルは、水や砂糖が含まれる飲料では溶かすことはできないものの、油に馴染むといった性質があります。

ココナッツオイルやオリーブオイルなどのケアオイルと併用することで、体のハリを常に保つ美容系化粧品としての役割を果たします。料理の材料として使われることもあり、バターやヨーグルト、コーヒーなどに溶かして飲むこともできます。

1日に摂取するCBDの目安は、0.1グラムとなっています。胃と腸から吸収されるため、CBDの効果が現れる時間は長くなるものの、どの摂取法よりも、作用の持続性が高いといった特徴があります。

吸引用の場合、CBDリキッドと併用して使うことになります。CBDリキッドとは、香料が含まれる純度3パーセントから5パーセントの液体の一種となっています。

粉末状などにしてCBDの純度を高めることにより、CBDの成分を効率よく摂取することを目的としています。飲用が可能なCBDには、産業用ヘンプ植物で作られたオイルとがあります。

カンナビノイドは3パーセントから50パーセントの範囲で含まれており、主に鎮痛作用の効果を期待されます。その他、てんかんなどの発作を抑制し、神経系の病気を緩和、抗酸化作用なども含まれています。

使い方はダブ・ダブリングもありますが、一番簡単な方法はVape用CBDリキッドに混ぜて喫煙する方法でしょう。

ワックスで自作CBDリキッド|ファーマヘンプ・プレミアムブラック

ヘンプの茎に含まれるカンナビジオール(CBD)という成分が医療界で注目を浴びており、既に一般の人にはサプリメントとして利用されています。CBDオイルを直接飲む方法もありますが、高価な場合が多く、効き目の感じ方も遅いです。

そうした問題を解決するのが、電子タバコのVapeです。CBDリキッドを用い、Vapeで水蒸気にして摂取した方が、CBDオイルに比べて吸収率が1.5倍以上になるとされています。

持続性は低いものの、CBDの成分が徐々に蓄積されていくに従って摂取回数が減っていくものなので、コストパフォーマンスは高いです。

ただ、ワックスと溶かしたCBDリキッドはヒット感やアタック感と呼ばれる喉の痛みがネックになっている人も少なくありません。CBDの濃度が高いほどヒット感が起こりやすい傾向にあります。

この問題を解消するには、コイルを自作するタイプであるRDAのi PICOが一番良いと言われています。

でも本物志向のベイパーさんなら楽しいかもしれませんが、アトマイザーを作る手間をかけたくない人も多いですよね。そんな人には、AIOタイプのFOG1が最適です。

FOG1はスターターキットとなっているので、これとCBDリキッドがあればOK。エアフロー設計を見直し、メイドインジャパンのコットンを使用したコイルを採用したことによって、従来品よりリキッド本来の味をしっかりと味わえるようになりました。

FOG1の使い方は、始めにバッテリーを充電してから、コイルをアトマイザーにセットします。タバコと同じように吸いたい場合はマウストゥーラングのコイルを、Vapeならではの味わいを求める場合はダイレクトラングのコイルを選びます。

セット時は、タンクを外すとコイルが付けやすいかもしれません。

コイルを付けたら、CBDリキッドをコットンに浸透させます。すぐに浸透しないため、10分くらい時間を置きましょう。

電源は、パフボタンを3回素早く押すと入ったり切れたりします。電源を入れたら、ボタンを押しながら吸引してください。

中ほどにあるリングを回すとエアホールが開閉するので、それによって吸い込み具合が調整できます。エアホールが開くほど吸い心地は軽く、閉じるほど重たくなります。

3.5V以下と低出力でありながら繊細で柔らかなミストを楽しめ、CBDリキッド本来の味を引き出せる点において、FOG1の右に出るものはないかもしれません。

手軽にCBDリキッドを楽しみたい、味わいたい人にとって最強になり得る一本です。

リラックス効果を求め、産業用ヘンプから作られるCBD製品を使っている人は多くいます。以前は経口摂取のCBDオイルの使用が主流でしたが、現在はCBDワックスやCBDリキッドなどの製品を使う人が増えてきました。

CBDリキッドは、CBDワックスと同様にヴェポライザーなどの道具を使って喫煙摂取します。CBDリキッドの濃度は5パーセント程度ですが、製品全体に含まれるCBD濃度はCBDワックスと同程度です。

そのため、「CBDリキッドを使ってみたけれど物足りない」という人は、摂取量を増やしてみるとよいでしょう。

また、高濃度のCBDリキッドも販売されているので、それを利用してもよいです。CBDリキッドには様々なフレーバーがあるので、「ほぼ無味無臭のCBDワックスでは物足りない」という人にもおすすめです。

CBDリキッドは気軽に使いやすいため人気がありますが、中には「使いにくい」と感じる人もいます。そのように感じる原因のひとつにスピットバックがあります。

CBDワックスを溶かしたリキッドはスピットバックしにくいですが、場合によってはスピットバック現象が起こることがあるのです。

原因

では、スピットバック現象が起こる原因は何でしょうか。ひとつはコットンの濡らしすぎです。

コットンに大量のCBDリキッドを含ませるとミスト化が十分にできず、スピットバック現象が起こってしまいます。

スピットバックを防ぐためには、余分なリキッッドを落とす、コットンを多めに使うなどの対策をするとよいです。

吸い方によってスピットバック現象が起こることもあります。問題のある吸い方としては、コイルが十分に温まっていない状態で吸っている、ゆっくり吸いすぎているなどです。

対策

スピットバック現象が起こらないように、吸う前にはコイルがしっかり温まっているか確認することが大切です。

また、ゆっくり吸いすぎるとコイルの温度が下がってスピットバックが起きやすくなるので、深呼吸をするように吸ってみましょう。

吸い方を工夫してもスピットバックが起こる場合は、ワッテージでミスト量を調節するとよいです。

ワッテージが高いためにスピットバックが起こることがあるので、その場合はワッテージを落として調節してみましょう。

別売りのドリップチップがあれば便利

これらの対策をしてもスピットバックが起こる場合は、ドリップチップ(吸い口)に問題がある可能性があります。スピットバックを防止するドリップチップが販売されているので、気になる人は交換してみましょう。値段は1000円程度で、装着は簡単にできます。

PharmaHemp CBD E-Liquid “Premium BLACK” Cannabis Flavor 500ml

固形のCBDワックス(シャッター)をリキッドに溶かして吸う方法。

ファーマヘンプ社のプレミアム ブラック CBDリキッドに混ぜて高濃度な煙を「ガツンッ」と味わえます。フルスペクトラムなリキッドと相性はバツグンで、今現在手に入る中でも最高峰クラス。

どうして相性がイイのか検証しつつ、リキッドでの作り方などご紹介していきます。

参考にしていただけると幸いです。

ファーマヘンプ プレミアム・ブラックをベースに!

輸入が解禁した当時は、飲むCBDオイルが主流でした。1~50%濃度まで幅広いレンジ。できれば飲むタイプも併用したいトコロ。

オイルに混ぜてもイイですが、CBDワックスはヴェポライザーで吸うCBDリキッドを「ミックス」して吸うのが一番です。

ヴェポ・Vape はJust Fog・Fog1 あたりが失敗せずに済みますよ↓

人気のVape・Just Fog「フォグワン」を徹底レビュー

どんなリキッドでも合いますが、中でもプレミアム ブラックは溶けやすく体感が最強です。同じフルスペクトラム系なので、親和性が高いからだと思います。

ひと吸いあたりのCBDとテルペンがダントツで、かなり濃い煙を味わえます。

作り方:ワックス×リキッドを作ってみた

コツは「少ない量」で

濃い煙を一気に吸うやり方なので、あまりリキッド入れすぎて薄くならないようにしてます。

いつもの半分以下くらいの量にワックスを溶かしてください。できるだけ濃くして吸う方法がおすすめです。溶けきらない場合は別売りのPG(プロピレングリコール)を添加してください。

 

詰め替え容器が特典でもらえる

VapeManiaさんで買うと詰め替え容器が届きます。

容器に入れて湯煎で温めたり、リキッドの添加物PGを足すこともできます。

まぁ私は室温で結晶化しないくらいの量を、適当に足して使っています。ミックスしてからしばらく時間をおくこと。10時間くらいでワックスは溶けきると思います。

高濃度なのでまずは少量から試してみてくださいね!

まとめ

CBDワックスは販売当初から爆発的な人気です。CBDリキッドの体感に満足できない方が、リキッドに混ぜて高濃度にすることで最強リキッドに仕上げています。

必要なもの

  • CBDワックス
  • CBDリキッド(プレミアムブラック)
  • PG

これで効かなかったら諦めてください!のレベルです。個人的にはパウダーより扱いやすい感じがします。専用のヴェポライザーで吸う方法もありますが、この記事ではリキッドに混ぜて作る方法をご紹介しました^^

CBD製品も本当に色々なものが選べるようになってきましたね。中でもCBDリキッドはCBDワックスを気化させた煙を吸引するタイプの製品なので、経口摂取するCBDオイルの様に独特の舌触りや匂いを気にしたり、超高濃度のアイソレートの様にまったり感が重すぎるという事を気にする必要はありません。煙を吸引するために即効性があり、すぐに実感できます。

その中でもHarmony社カンナビスオリジナルリキッドシリーズ(テルペン入り)の一品種、スーパーレモンヘイズはオランダのアムステルダムで毎年行われるヘンプフェス「カンナビスカップ」で2008年に優勝した品種の名前を冠しています。Harmony社はヨーロッパ各地と提携している農場で丁寧に栽培された認定オーガニックヘンプの中でも最高品質のもので作られており、欧州医薬品庁(European Union)と米国FDAの承認を得て開発しているので安全性と合法性にも勿論問題はありません。

リキッドタイプはCBDの効果と同時にそのフレーバーも楽しめるのが特徴の一つですが、こちらは人工香料不使用と、徹底的にオーガニックにこだわり、天然香料のテルペンだけで構成された自然なフレーバーが特徴です。テルペンの一つにリモネンを含んでおり、まさしく柑橘系のすっきりとしたフレーバーでリラックスタイムにぴったり。

瓶の蓋はチャイルドプルーフ仕様でお子さんの誤飲などの事故にも対策があり、とことん客目線な設計なのが感じられます。

ただ、液体自体がとてもさらさらしているのでVAPE本体には液漏れに強い機種を用意してください。

液漏れに強い Vape「フォグワン」はスターターキットとして人気があります↓

人気のVape・Just Fog「フォグワン」を徹底レビュー

内容量とCBD濃度の観点から考えるとCBD1mgあたり39円と、比較的他製品より割高ですがHarmonyブランドがそれだけ本物志向と考えれば当然の価格です。CBD濃度は1%で、これはCBDの他のオイルタイプの製品などに比べるとかなり低い濃度で、リキッドタイプとしても他社製品と比べて低いですがそのために喉への負担が少なく、まずはお試しという方におすすめで、CBDにすでにハマっている方も持ち歩いて一服という気軽な使い方が出来そうです。

また、CBDは抗酸化効果を持ち、体内の活性酸素を除去することでアンチエイジングや癌や生活習慣病などの予防が出来るという報告があり、抗ニキビなどといった美容効果もあることから女性からの注目をも集めており、低刺激なこちらの製品だと特に女性へのニーズにも応えられそうです。

同じフレーバーのCBDワックスを混ぜる「ベース」にもってこいだと思います。

リキッドとワックスを混ぜて喫煙する方法はコチラをどうぞ↓

ワックスで自作CBDリキッド|ファーマヘンプ・プレミアムブラック

CBD製品において、「フルスペクトラム」とはどういう意味を持つものなのでしょうか。スペクトラムとはバラエティ豊富という意味を持っていて、原材料のヘンプ草に含まれている、すべての成分・要素を大切にして製造されたCBDオイルであることをうたったもののことを指します。

フルスペクトラムCBDオイルには、CBDのほかにも多くの必須ビタミンやミネラル、脂肪酸、繊維などが含有されており、それらが相乗的に効果を発揮します。実際に、ヘンプ草などの植物から抽出した単体の成分よりも、植物そのままの様々な成分が入っているエキスの方が薬理効果を期待できるという報告も数多く存在します。

通常のCBD製品は、フルスペクトラムCBD製品からさらに手順をかけて特定のエキスのみを抽出することにより製造されます。

フルスペクトラム製品の製造は、まず原液由来のカンナビノイド類を含んでいるエキスを取り出すことから始まります。ヘンプ草(ヘンプ)の茎や種子から超臨界二酸化炭素抽出法という方法で抽出していくことにより製造されていきます。この方法は、コーヒー豆からカフェインを抽出したり、魚からDHAを抽出する方法と同様のもので、CBD製品界だけではなく食料品界や医療品界などで応用的に実践されている方法です。

この方法の長所は、CBDの成分を完全に抽出できることや、カンナビノイド成分・テルペン成分などの成分を自然界に存在していたままの状態で抽出させられることです。この工程のあと、高速液体クロマトグラフィー分析を繰り返し、各種フレーバーとブレンドされ、ビン詰め・出荷されます。通常のCBD製品は、超臨界二酸化炭素抽出法にて成分を抽出し一回目の高速液体クロマトグラフィー分析にかけた後、カンナビノイド分離にかけることにより、CBDV、CBDAなどの成分を排除しピュアなCBDのみを抽出する作業が入ります。この作業により、CBD製品の成分として利用できる純度99%以上のCBD結晶が生成されます。

フルスペクトラムヘンプオイルは、CBD製品を製造する段階の中で、特定のエキスのみを抽出する作業を省いたものであるため、自然界のエキスをそのままバランスよく摂取することができます。よって、食欲増進、感情抑制、運動機能増進、免疫調整などの成果をより効果的に得ることができます。しかしフルスペクトラム製品はまだ知名度が低く、実店舗などでは入手しがたいのが現状です。CBD製品を多く扱う VapeMania などのショップを利用するとよいでしょう。

CBDワックスとは?

「ダビング」という言葉をご存知でしょうか。医療ビジネスに興味のある方は一度は「ダブ」という単語を耳にしたことがあるでしょう。

ダブとは、ブタンなどのような溶媒を用いてカンナビノイドを抽出することによって作られたヘンプの濃縮物です。ダビングとはその抽出作業のことで、バーナーなどの火を用いてネイルを一定の温度に加熱し、加熱装置上の濃縮物を蒸発させることを指します。このように吸入することの利点は、より純粋な成分を濃縮して喫煙することができる点です。

ダビングの手順を詳しく説明します。

まず、ダビングには「ダブリグ」と呼ばれる専用のガラスパイプが必要となります。ダビングは日本ではマイナーな存在なので、インターネットサイトでの通販での入手が簡単です。

ダブリグには「ダブネイル」というガラス棒がついており、トーチを用いてネイルを加熱し、十分に加熱されたところにCBDワックスを置いて吸引します。

注意点ですが、ダビングは正しい使い方で行わないと危険であるというものであるということです。インターネット上でダビングの作業を行っている多くの科学者はダビングに必要な技術を持ち合わせています。また、通販で手に入れられる安価な製品はまだまだ発達が乏しいため、作業が悪いと爆発を起こしてしまいます。吸引に慣れるまでの間は、少しずつ喫煙していくのが良いでしょう。

もう一つ注意しなければいけない点があり、はじめてのダブ経験の際にCBD成分を過剰摂取してしまう恐れがある点です。蒸発によって成分を濃縮するため、過剰摂取には注意しなければなりません。命の危険にはさらされませんが、体が限界を超えてしまうと、場合によっては気分が悪くなることがあります。

使用方法は特に守っていただきたいと思います。

ダビングは、強力な成分を摂取しやすいという点で、医療的な利点を持っています。ダビングを行うことは、慢性痛や極度の吐き気を持つ患者に、即時かつ効果的な救済を得る最良な方法の1つであるといわれています。本当に強力な薬を必要な人にとって、多くのヘンプを吸引することは実行しがたいものです。純粋な成分を正確な分量だけを摂取できるため、医療的利用が期待されています。

ダビングによるCBDワックスの吸引は、より高濃度の成分を摂取できるという長所を持っている一方で、丁寧に行わないと危険性を孕んでいるという短所も持っています。ですので、ダビングを行う際は慎重に丁寧にやるとよいでしょう。

というか、リキッドに溶かしてヴェポライザーを使う方がラクだと思います。正直。

 

ワックスで自作CBDリキッド|ファーマヘンプ・プレミアムブラック

人気のVape・Just Fog「フォグワン」を徹底レビュー

990mgが1グラムに濃縮された固形ワックス「シャッター」は「CBDリキッドは物足りない」という方に人気があるようです。

いつも使っているリキッドに混ぜてVapeでベイパー(蒸気)で喫煙しますが、そこで気になるのが

1グラムでどれくらい持つの?

ってことではないでしょうか。

推奨された量や過剰摂取からナチュールのCBDワックスのコスパを探っていきましょう。

目安となる摂取量は?

メーカーにより異なりますが、リキッドは1日あたり「20mg」くらいです。

もし毎日使えば50日近くはもつ計算ですが、実際のところそこまで持ちません。もちろん用量を守れば持ちますが、いちいちワックスの重さを測るのはメンドウですし、ついつい楽しくてたくさん吸ってしまうこともあります。適量を自分の感覚で探るしかないので、摂取量がわかりにくいですか。

じゃあどうやってコスパを測るの?ってことですが、日数から逆算するとラクかなぁ〜って思っています。

使った日数で平均する

わかりやすい数字で計算してみますね。

例えば20日間で使いきったとすると、1日あたりの平均は50mgで、重さに換算すると0.05グラムになりますね。また10日間だと平均100mgで、0.1グラムです。

毎日測るのはメンドウ、だけど使った日数で大体わかるので、自分の量を探ることができます。

そこで気になるのは「過剰摂取のリスク」です。

過剰摂取の危険性

1.280mgを毎日4か月使いまくっても悪い影響はない、という研究報告がありました。

ナチュールのCBDワックスでいうと・・・1瓶を毎日使い続ける計算になります!!

そんなに吸う人は生粋のCBD爆煙野郎くらいでしょう。つまり、毎日100mgを10日で使いきってもなんの問題もないということです。それくらい安全性の高いサプリメントだと言えますね。欧米でのユーザーの多いこと×2!!使いすぎて過剰になることはほとんど考えられませんので、安心して使い続けていただければと思います。

実は安い!「持ち」はかなりイイ

さてさて、実際にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。

テルペン配合で純度99%がキャッチフレーズで「ちょっと手を出しにくい価格かな?」って思ってたら、実は安いことがわかりました。

例えば10日間では1日あたり864円で、20日間では1/2で1日あたり432円になります。

今のタバコよりちょっと安上がりですね。個人的には体験してみて20日は持つかなと。

もちろん1か月持たせればもっと安くて1日あたり216円!1日200円のサプリメントは他にもイロイロありますが、欧米での人気や期待度を考えるとどうでしょう?

ここまで世界中で注目されてきたサプリは他に聞いたことあります?私はバイアグラしか知りません 笑。

そう考えれば必ずしも高いとは言いきれないのでは?と私は本気で思ってます!!

結論!

  • 摂取量は使用日数から計算する!
  • 20日で1日あたり432円!

私は地震のときもサッッッ!と出して使っていました。

(震度6強の地震で停電中に)

もちろん完璧なものではありませんが、生活のサポートとしては最強だと感じてます。

ダブで本格的に喫煙する方法をはじめ、そのままヴェポライザーで吸ったり、リキッドの「足し」に使ったり、いろんな使い方で楽しいですよ!!

純度の高いCBDパウダーもありますが、CBDオイルはCBD以外にも多くの成分が入っています。

フルスペクトラム仕様なので、アントラージュ作用が期待できます。

ニコチンの代わりに「CBD」が入っていますが、他にも

ビタミン(A、C、E)
ミネラル
タンパク質
クロロフィル
フラボノイド
テルペン

などなど、栄養素が豊富です。

栄養素を多く取り入れるとアントラージュが期待できると言われています。

他にも

リボフラビン
チアミン
ナイアシン
ビタミンB複合体

日本人の食生活に足りていないと言われる「βカロチン」も。

健康キープのために不足しがちな栄養素を気軽に摂取できるのが大きなメリットです。

ちなみにミネラルは

亜鉛
カリウム
カルシウム
リン

マグネシウム

が含まれています。
結論

パウダーかワックスで悩んだら、とりあえずワックスにすれば体感が期待できる!

ワックスはフルスペクトラム仕様で、CBD以外にも豊富な成分が入っているからです。

アントラージュの恩恵を受けるなら、プレミアムブラックに溶かして吸えば完璧ですよ!

関連記事:

簡単な使い方!リキッドと混ぜる作り方

結果からお伝えすると、私たちは生活のバランスを維持するために必要な成分が不足しがちです。

バランスに関わる受容体が人間のカラダに備わっているのに、肝心のカンナビノイド量が極端に少ない。そこが問題です。

カンナビノイドと受容体の関係については、欧米を中心に研究され、よく知られています。

カンナビノイドとは?

どうしてカンナビノイド不足なのか?

カンナビノイドを摂取するメリットは?

原料でもある「ヘンプ」の歴史や科学を検証して、2つのポイントに厳選してまとめていきます。

カンナビノイド・CBD が不足するワケ

アメリカではカンナビノイド不足が懸念されています。普段の食事から摂れる量が不足してしまったからです。1930年以来、ヘンプ農家の数が激減してしまい、慣れ親しんできた作物たちが食卓に上らなくなってきました。アメリカ、そして日本も同じような状態にあります。食卓でヘンプナッツを取り入れたりしない限り、どうしても現代人はカンナビノイドが足りなくなってきます。

そこでCBDサプリの登場です。

メリットをひと言で表すと?

CBDオイルやリキッド、そして固形ワックスなどバリエーションが増えてきました。サクッと必要量。飲むタイプ、喫煙タイプ、イロイロあります。

カンナビノイドを気軽に摂取していくメリットをひと言で表すと

「生活のリズムやバランスを取り戻せるらしい!」

これが多くの研究を通して知られている事実です。

カンナビノイド・エンドカンナビノイド受容体の研究が続けば「治療法が180度変わるかもしれない」とまで言われています。「科学的な観点から見ても、多くの疾患の治療に使われるべきでしょ!」

そこまで研究が続いていけば、もしかするとCBDワックスも病院で処方されるかもしれませんね!

そうなったら最高ですねーー!!でも、こんなバリエーションのあるCBDを好きなように通販できるし、環境は悪くないと思います。既にじゅうぶん日本スゴイっす!

 

ニコチンの代わりに何が入ってる?

CBDワックスとは?