固形CBDワックス(シャッター)をリキッドに溶かして吸う方法って簡単?

ということで、一番ベーシックな使い方をご紹介していこうと思います。

ファーマヘンプ社のプレミアム ブラック CBDリキッドに混ぜて高濃度な煙を「ガツンッ」と味わえます。フルスペクトラムなリキッドと相性はバツグンで、今現在手に入る中でも最高峰クラス。

参考にしていただけると幸いです。

使い方まとめ

・RDAデバイスの場合

RDA を使う方法は、ダイレクトにアトマイザーのワイヤーに適量置いて、そのまま喫煙できます。

ちなみにRDA とはコイルを自作で巻く「アトマイザー」を言います。

・スターターキットを使用。

別売りのタンクで楽しむ(クリアロマイザー)のスターター Vapeを使う方法もあります。人気のFog1(フォグワン)はワックス購入時に特典としてもらえる「PG」でワックスを溶かし、リキッドに混ぜてタンクへ注入します。

溶かし方は一緒についてくる説明書があるので親切ですね。

ファーマヘンプ プレミアム・ブラックをベースに!

輸入が解禁した当時は、飲むCBDオイルが主流でした。1~50%濃度まで幅広いレンジ。(できれば飲むタイプも併用したいトコロ)

オイルに混ぜてもイイですが、CBDワックスはヴェポライザーで吸うCBDリキッドを「ミックス」して吸うのが一番です。

ヴェポライザー機器はJust Fog・Fog1 あたりがベストでしょう↓

人気のVape・Just Fog「フォグワン」を徹底レビュー

どんなリキッドでも合いますが、中でもプレミアム ブラックは溶けやすく体感が最強です。同じフルスペクトラム系なので、親和性が高いからだと思います。

ひと吸いあたりのCBDとテルペンがダントツで、かなり濃い煙を味わえます。

作り方:ワックス×リキッドを作ってみる

「CBDワックスって取り扱いが面倒なんじゃないの?」とお考えの方もいるかもしれませんね。

でもワックスのメリットは、簡単にリキッドをミックスできることなんです。

なんといっても固形なので、パウダーのようにテーブルに散らばったりしません。

テルペン配合のCBD成分をサクッと添加すれば、濃度を簡単にアップさせることができます。市販のリキッドは 5%濃度がマックスですから、それでも満足できなかったって方は諦める前にお試しいただきたいと思います。一番簡単な方法はいつも使っている「CBD リキッドに混ぜる方法」です。

すごい、めっちゃ簡単!

濃い煙を一気に吸うやり方なので、あまりPG入れすぎないで、薄くならないようにします。

出典:https://vapemania.tokyo/shtterisland99/

ワックスの1瓶の半分(500㎎)を空の容器に入れて、PGを5㎖注入するとだいたい10パーセントの濃度のリキッド(ベース)ができますね。(写真では100㎎に2㎖で作っています)

できるだけ濃くして吸うのが真髄ですよ^^

あとは時間をおくだけ

できるだけ面倒なことはしたくないですよね〜。

でもあとは時間をおくだけでベースリキッドの完成です。だいたい10時間くらいで完全に溶けきります。

夜に仕込んでおけば、次の日の朝には使えるようになります。パウダーと違ってテルペン配合なので、CBDの恩恵をより実感できると思いますよ。補助成分のおかげで「アントラージュ現象」という相互作用が働くことが、研究を通して知られています。

薄いのはもう吸えない!ってくらい濃い

実際に吸ってみた感じはどうなのか気になりますよね〜。ということで、ファーマヘンプ社の名作「プレミアムブラック」に混ぜて吸ってみます。

詳細はコチラ ☞ PharmaHemp CBD E-Liquid “Premium BLACK” Cannabis Flavor 500ml

先ほど作ったワックスリキッドとプレミアムリキッドを3:7でやってみると・・・ガッツンッッッ!って感じです。スーパレモンヘイズとカンナビスフレーバー。そこにCBDのパンチが合わさってかなり濃い〜煙になりました。

これまで実感を得られなかった方も、とりあえずは試してみていただきたいですね〜。現在、日本で手に入る製品の中でもトップクラスの実感力になっていると断言できます。

PGが特典でもらえる

VapeManiaさんで買うと一緒に PG が届きます。(限定なので終わってたらすいません^^;)

商品が到着した時点で自作ミックスを楽しめます。別売りの PG をわざわざ買う必要ありませんよ〜。

高濃度なのでまずは少量から試してみてくださいね!

まとめ

CBDワックスは販売当初から爆発的な人気です。CBDリキッドの体感に満足できない方が、リキッドに混ぜて高濃度にすることで最強リキッドに仕上げています。

必要なもの

  • CBDワックス
  • CBDリキッド(プレミアムブラック)
  • PG
  • 詰め替え容器

これで効かなかったら諦めてください!のレベルです。個人的にはパウダーより扱いやすい感じがします。専用のヴェポライザーで吸う方法もありますが、この記事ではリキッドに混ぜて作る方法をご紹介しました^^

2社のCBD ワックスとヴェポライザーが揃った店舗はコチラから

「ダビング」という言葉をご存知でしょうか。医療ビジネスに興味のある方は一度は「ダブ」という単語を耳にしたことがあるでしょう。

ダブとは、ブタンなどのような溶媒を用いてカンナビノイドを抽出することによって作られたヘンプの濃縮物です。ダビングとはその抽出作業のことで、バーナーなどの火を用いてネイルを一定の温度に加熱し、加熱装置上の濃縮物を蒸発させることを指します。このように吸入することの利点は、より純粋な成分を濃縮して喫煙することができる点です。

ダビングの手順を詳しく説明します。

まず、ダビングには「ダブリグ」と呼ばれる専用のガラスパイプが必要となります。ダビングは日本ではマイナーな存在なので、インターネットサイトでの通販での入手が簡単です。

ダブリグには「ダブネイル」というガラス棒がついており、トーチを用いてネイルを加熱し、十分に加熱されたところにCBDワックスを置いて吸引します。

注意点ですが、ダビングは正しい使い方で行わないと危険であるというものであるということです。インターネット上でダビングの作業を行っている多くの科学者はダビングに必要な技術を持ち合わせています。また、通販で手に入れられる安価な製品はまだまだ発達が乏しいため、作業が悪いと爆発を起こしてしまいます。吸引に慣れるまでの間は、少しずつ喫煙していくのが良いでしょう。

もう一つ注意しなければいけない点があり、はじめてのダブ経験の際にCBD成分を過剰摂取してしまう恐れがある点です。蒸発によって成分を濃縮するため、過剰摂取には注意しなければなりません。命の危険にはさらされませんが、体が限界を超えてしまうと、場合によっては気分が悪くなることがあります。

使用方法は特に守っていただきたいと思います。

ダビングは、強力な成分を摂取しやすいという点で、医療的な利点を持っています。ダビングを行うことは、慢性痛や極度の吐き気を持つ患者に、即時かつ効果的な救済を得る最良な方法の1つであるといわれています。本当に強力な薬を必要な人にとって、多くのヘンプを吸引することは実行しがたいものです。純粋な成分を正確な分量だけを摂取できるため、医療的利用が期待されています。

ダビングによるCBDワックスの吸引は、より高濃度の成分を摂取できるという長所を持っている一方で、丁寧に行わないと危険性を孕んでいるという短所も持っています。ですので、ダビングを行う際は慎重に丁寧にやるとよいでしょう。

というか、リキッドに溶かしてヴェポライザーを使う方がラクだと思います。正直。

 

ワックスで自作CBDリキッド|ファーマヘンプ・プレミアムブラック

人気のVape・Just Fog「フォグワン」を徹底レビュー

990mgが1グラムに濃縮された固形ワックス「シャッター」は「CBDリキッドは物足りない」という方に人気があるようです。

いつも使っているリキッドに混ぜてVapeでベイパー(蒸気)で喫煙しますが、そこで気になるのが

1グラムでどれくらい持つの?

ってことではないでしょうか。

推奨された量や過剰摂取からナチュールのCBDワックスのコスパを探っていきましょう。

目安となる摂取量は?

メーカーにより異なりますが、リキッドは1日あたり「20mg」くらいです。

もし毎日使えば50日近くはもつ計算ですが、実際のところそこまで持ちません。もちろん用量を守れば持ちますが、いちいちワックスの重さを測るのはメンドウですし、ついつい楽しくてたくさん吸ってしまうこともあります。適量を自分の感覚で探るしかないので、摂取量がわかりにくいですか。

じゃあどうやってコスパを測るの?ってことですが、日数から逆算するとラクかなぁ〜って思っています。

使った日数で平均する

わかりやすい数字で計算してみますね。

例えば20日間で使いきったとすると、1日あたりの平均は50mgで、重さに換算すると0.05グラムになりますね。また10日間だと平均100mgで、0.1グラムです。

毎日測るのはメンドウ、だけど使った日数で大体わかるので、自分の量を探ることができます。

そこで気になるのは「過剰摂取のリスク」です。

過剰摂取の危険性

1.280mgを毎日4か月使いまくっても悪い影響はない、という研究報告がありました。

ナチュールのCBDワックスでいうと・・・1瓶を毎日使い続ける計算になります!!

そんなに吸う人は生粋のCBD爆煙野郎くらいでしょう。つまり、毎日100mgを10日で使いきってもなんの問題もないということです。それくらい安全性の高いサプリメントだと言えますね。欧米でのユーザーの多いこと×2!!使いすぎて過剰になることはほとんど考えられませんので、安心して使い続けていただければと思います。

実は安い!「持ち」はかなりイイ

さてさて、実際にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。

テルペン配合で純度99%がキャッチフレーズで「ちょっと手を出しにくい価格かな?」って思ってたら、実は安いことがわかりました。

例えば10日間では1日あたり864円で、20日間では1/2で1日あたり432円になります。

今のタバコよりちょっと安上がりですね。個人的には体験してみて20日は持つかなと。

もちろん1か月持たせればもっと安くて1日あたり216円!1日200円のサプリメントは他にもイロイロありますが、欧米での人気や期待度を考えるとどうでしょう?

ここまで世界中で注目されてきたサプリは他に聞いたことあります?私はバイアグラしか知りません 笑。

そう考えれば必ずしも高いとは言いきれないのでは?と私は本気で思ってます!!

結論!

  • 摂取量は使用日数から計算する!
  • 20日で1日あたり432円!

私は地震のときもサッッッ!と出して使っていました。

(震度6強の地震で停電中に)

もちろん完璧なものではありませんが、生活のサポートとしては最強だと感じてます。

ダブで本格的に喫煙する方法をはじめ、そのままヴェポライザーで吸ったり、リキッドの「足し」に使ったり、いろんな使い方で楽しいですよ!!