固形CBDワックス(シャッター)をリキッドに溶かして吸う方法って簡単?

ということで、一番ベーシックな使い方をご紹介していこうと思います。

ファーマヘンプ社のプレミアム ブラック CBDリキッドに混ぜて高濃度な煙を「ガツンッ」と味わえます。フルスペクトラムなリキッドと相性はバツグンで、今現在手に入る中でも最高峰クラス。

参考にしていただけると幸いです。

使い方まとめ

・RDAデバイスの場合

RDA を使う方法は、ダイレクトにアトマイザーのワイヤーに適量置いて、そのまま喫煙できます。

ちなみにRDA とはコイルを自作で巻く「アトマイザー」を言います。

・スターターキットを使用。

別売りのタンクで楽しむ(クリアロマイザー)のスターター Vapeを使う方法もあります。人気のFog1(フォグワン)はワックス購入時に特典としてもらえる「PG」でワックスを溶かし、リキッドに混ぜてタンクへ注入します。

溶かし方は一緒についてくる説明書があるので親切ですね。

ファーマヘンプ プレミアム・ブラックをベースに!

輸入が解禁した当時は、飲むCBDオイルが主流でした。1~50%濃度まで幅広いレンジ。(できれば飲むタイプも併用したいトコロ)

オイルに混ぜてもイイですが、CBDワックスはヴェポライザーで吸うCBDリキッドを「ミックス」して吸うのが一番です。

ヴェポライザー機器はJust Fog・Fog1 あたりがベストでしょう↓

人気のVape・Just Fog「フォグワン」を徹底レビュー

どんなリキッドでも合いますが、中でもプレミアム ブラックは溶けやすく体感が最強です。同じフルスペクトラム系なので、親和性が高いからだと思います。

ひと吸いあたりのCBDとテルペンがダントツで、かなり濃い煙を味わえます。

作り方:ワックス×リキッドを作ってみる

「CBDワックスって取り扱いが面倒なんじゃないの?」とお考えの方もいるかもしれませんね。

でもワックスのメリットは、簡単にリキッドをミックスできることなんです。

なんといっても固形なので、パウダーのようにテーブルに散らばったりしません。

テルペン配合のCBD成分をサクッと添加すれば、濃度を簡単にアップさせることができます。市販のリキッドは 5%濃度がマックスですから、それでも満足できなかったって方は諦める前にお試しいただきたいと思います。一番簡単な方法はいつも使っている「CBD リキッドに混ぜる方法」です。

すごい、めっちゃ簡単!

濃い煙を一気に吸うやり方なので、あまりPG入れすぎないで、薄くならないようにします。

出典:https://vapemania.tokyo/shtterisland99/

ワックスの1瓶の半分(500㎎)を空の容器に入れて、PGを5㎖注入するとだいたい10パーセントの濃度のリキッド(ベース)ができますね。(写真では100㎎に2㎖で作っています)

できるだけ濃くして吸うのが真髄ですよ^^

あとは時間をおくだけ

できるだけ面倒なことはしたくないですよね〜。

でもあとは時間をおくだけでベースリキッドの完成です。だいたい10時間くらいで完全に溶けきります。

夜に仕込んでおけば、次の日の朝には使えるようになります。パウダーと違ってテルペン配合なので、CBDの恩恵をより実感できると思いますよ。補助成分のおかげで「アントラージュ現象」という相互作用が働くことが、研究を通して知られています。

薄いのはもう吸えない!ってくらい濃い

実際に吸ってみた感じはどうなのか気になりますよね〜。ということで、ファーマヘンプ社の名作「プレミアムブラック」に混ぜて吸ってみます。

詳細はコチラ ☞ PharmaHemp CBD E-Liquid “Premium BLACK” Cannabis Flavor 500ml

先ほど作ったワックスリキッドとプレミアムリキッドを3:7でやってみると・・・ガッツンッッッ!って感じです。スーパレモンヘイズとカンナビスフレーバー。そこにCBDのパンチが合わさってかなり濃い〜煙になりました。

これまで実感を得られなかった方も、とりあえずは試してみていただきたいですね〜。現在、日本で手に入る製品の中でもトップクラスの実感力になっていると断言できます。

PGが特典でもらえる

VapeManiaさんで買うと一緒に PG が届きます。(限定なので終わってたらすいません^^;)

商品が到着した時点で自作ミックスを楽しめます。別売りの PG をわざわざ買う必要ありませんよ〜。

高濃度なのでまずは少量から試してみてくださいね!

まとめ

CBDワックスは販売当初から爆発的な人気です。CBDリキッドの体感に満足できない方が、リキッドに混ぜて高濃度にすることで最強リキッドに仕上げています。

必要なもの

  • CBDワックス
  • CBDリキッド(プレミアムブラック)
  • PG
  • 詰め替え容器

これで効かなかったら諦めてください!のレベルです。個人的にはパウダーより扱いやすい感じがします。専用のヴェポライザーで吸う方法もありますが、この記事ではリキッドに混ぜて作る方法をご紹介しました^^

2社のCBD ワックスとヴェポライザーが揃った店舗はコチラから

CBD製品も本当に色々なものが選べるようになってきましたね。中でもCBDリキッドはCBDワックスを気化させた煙を吸引するタイプの製品なので、経口摂取するCBDオイルの様に独特の舌触りや匂いを気にしたり、超高濃度のアイソレートの様にまったり感が重すぎるという事を気にする必要はありません。煙を吸引するために即効性があり、すぐに実感できます。

その中でもHarmony社カンナビスオリジナルリキッドシリーズ(テルペン入り)の一品種、スーパーレモンヘイズはオランダのアムステルダムで毎年行われるヘンプフェス「カンナビスカップ」で2008年に優勝した品種の名前を冠しています。Harmony社はヨーロッパ各地と提携している農場で丁寧に栽培された認定オーガニックヘンプの中でも最高品質のもので作られており、欧州医薬品庁(European Union)と米国FDAの承認を得て開発しているので安全性と合法性にも勿論問題はありません。

リキッドタイプはCBDの効果と同時にそのフレーバーも楽しめるのが特徴の一つですが、こちらは人工香料不使用と、徹底的にオーガニックにこだわり、天然香料のテルペンだけで構成された自然なフレーバーが特徴です。テルペンの一つにリモネンを含んでおり、まさしく柑橘系のすっきりとしたフレーバーでリラックスタイムにぴったり。

瓶の蓋はチャイルドプルーフ仕様でお子さんの誤飲などの事故にも対策があり、とことん客目線な設計なのが感じられます。

ただ、液体自体がとてもさらさらしているのでVAPE本体には液漏れに強い機種を用意してください。

液漏れに強い Vape「フォグワン」はスターターキットとして人気があります↓

人気のVape・Just Fog「フォグワン」を徹底レビュー

内容量とCBD濃度の観点から考えるとCBD1mgあたり39円と、比較的他製品より割高ですがHarmonyブランドがそれだけ本物志向と考えれば当然の価格です。CBD濃度は1%で、これはCBDの他のオイルタイプの製品などに比べるとかなり低い濃度で、リキッドタイプとしても他社製品と比べて低いですがそのために喉への負担が少なく、まずはお試しという方におすすめで、CBDにすでにハマっている方も持ち歩いて一服という気軽な使い方が出来そうです。

また、CBDは抗酸化効果を持ち、体内の活性酸素を除去することでアンチエイジングや癌や生活習慣病などの予防が出来るという報告があり、抗ニキビなどといった美容効果もあることから女性からの注目をも集めており、低刺激なこちらの製品だと特に女性へのニーズにも応えられそうです。

同じフレーバーのCBDワックスを混ぜる「ベース」にもってこいだと思います。

リキッドとワックスを混ぜて喫煙する方法はコチラをどうぞ↓

ワックスで自作CBDリキッド|ファーマヘンプ・プレミアムブラック

結果からお伝えすると、私たちは生活のバランスを維持するために必要な成分が不足しがちです。

バランスに関わる受容体が人間のカラダに備わっているのに、肝心のカンナビノイド量が極端に少ない。そこが問題です。

カンナビノイドと受容体の関係については、欧米を中心に研究され、よく知られています。

カンナビノイドとは?

どうしてカンナビノイド不足なのか?

カンナビノイドを摂取するメリットは?

原料でもある「ヘンプ」の歴史や科学を検証して、2つのポイントに厳選してまとめていきます。

カンナビノイド・CBD が不足するワケ

アメリカではカンナビノイド不足が懸念されています。普段の食事から摂れる量が不足してしまったからです。1930年以来、ヘンプ農家の数が激減してしまい、慣れ親しんできた作物たちが食卓に上らなくなってきました。アメリカ、そして日本も同じような状態にあります。食卓でヘンプナッツを取り入れたりしない限り、どうしても現代人はカンナビノイドが足りなくなってきます。

そこでCBDサプリの登場です。

メリットをひと言で表すと?

CBDオイルやリキッド、そして固形ワックスなどバリエーションが増えてきました。サクッと必要量。飲むタイプ、喫煙タイプ、イロイロあります。

カンナビノイドを気軽に摂取していくメリットをひと言で表すと

「生活のリズムやバランスを取り戻せるらしい!」

これが多くの研究を通して知られている事実です。

カンナビノイド・エンドカンナビノイド受容体の研究が続けば「治療法が180度変わるかもしれない」とまで言われています。「科学的な観点から見ても、多くの疾患の治療に使われるべきでしょ!」

そこまで研究が続いていけば、もしかするとCBDワックスも病院で処方されるかもしれませんね!

そうなったら最高ですねーー!!でも、こんなバリエーションのあるCBDを好きなように通販できるし、環境は悪くないと思います。既にじゅうぶん日本スゴイっす!

 

ニコチンの代わりに何が入ってる?

CBDワックスとは?

「カンナビノイド」と「エンドカンナビノイドシステム」は、生活のバランスをキープするカギです。

どんな方法でもいいので、CBD製品を使っているとイメージしてみてください。

あなたのカラダの中にカンナビノイドが入ると、まずは受容体と結合します。そして「エンドカンナビノイドシステム」に作用することが知見を通して知られています。

また、成分とシステムが連動することで多くのメリットがあります。

ちょっと難しくなりますが、科学的な側面から検証していこうと思います。

成分カンナビノイドを科学的に検証

「体内のカンナビノイド受容体が脳内の神経伝達物質の放出を改善させる」ことが研究であきらかになっています。

『カンナビノイド』と『エンドカンナビノイドシステム』と『受容体』は神経伝達物質の量に関係しているということです。

CBDの他にも百種類を超えるカンナビノイドが見つかっています。

ヘンプに含まれているカンナビノイドには、テトラヒドロカンナビノール(THC)、カンナビジオール(CBD)、CBN、またはカンナビゲロール(CBG)などあって、総称として「フルスペクトラム」と呼ばれたりします。

カンナビノイドは最初「カルボン酸」という状態ですが、脱炭酸化で「活性された化合物」に変化します。

*脱炭酸とは?

温度・光度、またはアルカリ化させることで、カンナビノイドがカルボキシル基を失う過程のことです。

まぁ覚えなくても大丈夫です 笑。

カンナビノイドは植物以外にも、体内で作られていますが、他にも研究所で人の手で作ることができます。

人工カンナビノイドの登場

合成カンナビノイドは人の手によって作ることができるため、天然のカンナビノイドと比較・研究しながら新薬治療を進めることができます。

アナンドアミドや2-AGなどのエンドカンナビノイドは、カラダの中で作られているカンナビノイドです。

実はあなたのカラダの中で自然に作れています。

植物と同じ成分を自分で作り出してます。

人体って不思議ですね〜。

アナンドアミドはサンスクリット地方で「ハッピー」の意味で使われる名前だそうです。

体内のエンドカンナビノイドシステムと相互作用するカンナビノイドに似たものは、エキナセア、ブラックペッパー、カカオにも含まれているそうです。

ごく身近な成分ってことですね!!

まとめ

カンナビノイドは、ヴェポライザーで一服したり、経口摂取など、いろんな方法があります。

煙がどうしても苦手・・・という方は口に入れるCBDオイルがベターかもしれません。

ですが、個人的にはやっぱり電子タバコのように喫煙するのが一番ですね。

最近ではフレーバーつきもあって、ただ摂取するんじゃなくて楽しく吸えます。

どんな方法でもカンナビノイドを摂っておくと、生活のバランスが整ってくるハズです。

CBDワックスであれば、フルスペクトラムなので効率もイイですね。

関連記事

不足しがちな『カンナビノイド』を摂っておくメリット