ヘンプの茎に含まれるカンナビジオール(CBD)という成分が医療界で注目を浴びており、既に一般の人にはサプリメントとして利用されています。CBDオイルを直接飲む方法もありますが、高価な場合が多く、効き目の感じ方も遅いです。

そうした問題を解決するのが、電子タバコのVapeです。CBDリキッドを用い、Vapeで水蒸気にして摂取した方が、CBDオイルに比べて吸収率が1.5倍以上になるとされています。

持続性は低いものの、CBDの成分が徐々に蓄積されていくに従って摂取回数が減っていくものなので、コストパフォーマンスは高いです。

ただ、ワックスと溶かしたCBDリキッドはヒット感やアタック感と呼ばれる喉の痛みがネックになっている人も少なくありません。CBDの濃度が高いほどヒット感が起こりやすい傾向にあります。

この問題を解消するには、コイルを自作するタイプであるRDAのi PICOが一番良いと言われています。

でも本物志向のベイパーさんなら楽しいかもしれませんが、アトマイザーを作る手間をかけたくない人も多いですよね。そんな人には、AIOタイプのFOG1が最適です。

FOG1はスターターキットとなっているので、これとCBDリキッドがあればOK。エアフロー設計を見直し、メイドインジャパンのコットンを使用したコイルを採用したことによって、従来品よりリキッド本来の味をしっかりと味わえるようになりました。

FOG1の使い方は、始めにバッテリーを充電してから、コイルをアトマイザーにセットします。タバコと同じように吸いたい場合はマウストゥーラングのコイルを、Vapeならではの味わいを求める場合はダイレクトラングのコイルを選びます。

セット時は、タンクを外すとコイルが付けやすいかもしれません。

コイルを付けたら、CBDリキッドをコットンに浸透させます。すぐに浸透しないため、10分くらい時間を置きましょう。

電源は、パフボタンを3回素早く押すと入ったり切れたりします。電源を入れたら、ボタンを押しながら吸引してください。

中ほどにあるリングを回すとエアホールが開閉するので、それによって吸い込み具合が調整できます。エアホールが開くほど吸い心地は軽く、閉じるほど重たくなります。

3.5V以下と低出力でありながら繊細で柔らかなミストを楽しめ、CBDリキッド本来の味を引き出せる点において、FOG1の右に出るものはないかもしれません。

手軽にCBDリキッドを楽しみたい、味わいたい人にとって最強になり得る一本です。

リラックス効果を求め、産業用ヘンプから作られるCBD製品を使っている人は多くいます。以前は経口摂取のCBDオイルの使用が主流でしたが、現在はCBDワックスやCBDリキッドなどの製品を使う人が増えてきました。

CBDリキッドは、CBDワックスと同様にヴェポライザーなどの道具を使って喫煙摂取します。CBDリキッドの濃度は5パーセント程度ですが、製品全体に含まれるCBD濃度はCBDワックスと同程度です。

そのため、「CBDリキッドを使ってみたけれど物足りない」という人は、摂取量を増やしてみるとよいでしょう。

また、高濃度のCBDリキッドも販売されているので、それを利用してもよいです。CBDリキッドには様々なフレーバーがあるので、「ほぼ無味無臭のCBDワックスでは物足りない」という人にもおすすめです。

CBDリキッドは気軽に使いやすいため人気がありますが、中には「使いにくい」と感じる人もいます。そのように感じる原因のひとつにスピットバックがあります。

CBDワックスを溶かしたリキッドはスピットバックしにくいですが、場合によってはスピットバック現象が起こることがあるのです。

原因

では、スピットバック現象が起こる原因は何でしょうか。ひとつはコットンの濡らしすぎです。

コットンに大量のCBDリキッドを含ませるとミスト化が十分にできず、スピットバック現象が起こってしまいます。

スピットバックを防ぐためには、余分なリキッッドを落とす、コットンを多めに使うなどの対策をするとよいです。

吸い方によってスピットバック現象が起こることもあります。問題のある吸い方としては、コイルが十分に温まっていない状態で吸っている、ゆっくり吸いすぎているなどです。

対策

スピットバック現象が起こらないように、吸う前にはコイルがしっかり温まっているか確認することが大切です。

また、ゆっくり吸いすぎるとコイルの温度が下がってスピットバックが起きやすくなるので、深呼吸をするように吸ってみましょう。

吸い方を工夫してもスピットバックが起こる場合は、ワッテージでミスト量を調節するとよいです。

ワッテージが高いためにスピットバックが起こることがあるので、その場合はワッテージを落として調節してみましょう。

別売りのドリップチップがあれば便利

これらの対策をしてもスピットバックが起こる場合は、ドリップチップ(吸い口)に問題がある可能性があります。スピットバックを防止するドリップチップが販売されているので、気になる人は交換してみましょう。値段は1000円程度で、装着は簡単にできます。