CBDワックスとは?

「CBD」ことカンナビジオールとは、ヘンプ植物に含まれているカンナビノイドのうち、薬理作用があるとされている非精神活性化合物です。

日本では所持自体が法律の規制対象となっていますが、産業用ヘンプ植物の一つとして扱われています。医薬品としては分類されていないものの、世界中で研究が盛んに行われていて、医療従事者や科学者の注目を集めている成分です。

主な使用用途には、ナチュナルオイルや電子タバコなどの吸引機器(ヴェポライザー)があります。後者の目的で使用されている形状としては、「CBDワックス」が有名です。

吸引装置としての使われていることから、食用に適しているのかという疑問がわきますが、口に入れても害はないことが判明しています。

「CBD」に結晶粉末タイプにした「CBDクリスタル」は、産業用ヘンプ植物の余分な成分や樹脂を取り除いて作られています。

カンナビノイドが純度99パーセント含まれる他に、香りのもととなるテルピンという成分で構成されており、無味無臭であることが特徴です。

不安やストレスを感じた時に、気持ちを落ち着ける作用があり、内因性カンナビノイドシステムにより、体の機能を維持する効果も持ち合わせています。

CBDクリスタルは、水や砂糖が含まれる飲料では溶かすことはできないものの、油に馴染むといった性質があります。

ココナッツオイルやオリーブオイルなどのケアオイルと併用することで、体のハリを常に保つ美容系化粧品としての役割を果たします。料理の材料として使われることもあり、バターやヨーグルト、コーヒーなどに溶かして飲むこともできます。

1日に摂取するCBDの目安は、0.1グラムとなっています。胃と腸から吸収されるため、CBDの効果が現れる時間は長くなるものの、どの摂取法よりも、作用の持続性が高いといった特徴があります。

吸引用の場合、CBDリキッドと併用して使うことになります。CBDリキッドとは、香料が含まれる純度3パーセントから5パーセントの液体の一種となっています。

粉末状などにしてCBDの純度を高めることにより、CBDの成分を効率よく摂取することを目的としています。飲用が可能なCBDには、産業用ヘンプ植物で作られたオイルとがあります。

カンナビノイドは3パーセントから50パーセントの範囲で含まれており、主に鎮痛作用の効果を期待されます。その他、てんかんなどの発作を抑制し、神経系の病気を緩和、抗酸化作用なども含まれています。

使い方はダブ・ダブリングもありますが、一番簡単な方法はVape用CBDリキッドに混ぜて喫煙する方法でしょう。

ワックスで自作CBDリキッド|ファーマヘンプ・プレミアムブラック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です