使い方・喫煙方法「ダブ・ダビング」とは?

「ダビング」という言葉をご存知でしょうか。医療ビジネスに興味のある方は一度は「ダブ」という単語を耳にしたことがあるでしょう。

ダブとは、ブタンなどのような溶媒を用いてカンナビノイドを抽出することによって作られたヘンプの濃縮物です。ダビングとはその抽出作業のことで、バーナーなどの火を用いてネイルを一定の温度に加熱し、加熱装置上の濃縮物を蒸発させることを指します。このように吸入することの利点は、より純粋な成分を濃縮して喫煙することができる点です。

ダビングの手順を詳しく説明します。

まず、ダビングには「ダブリグ」と呼ばれる専用のガラスパイプが必要となります。ダビングは日本ではマイナーな存在なので、インターネットサイトでの通販での入手が簡単です。

ダブリグには「ダブネイル」というガラス棒がついており、トーチを用いてネイルを加熱し、十分に加熱されたところにCBDワックスを置いて吸引します。

注意点ですが、ダビングは正しい使い方で行わないと危険であるというものであるということです。インターネット上でダビングの作業を行っている多くの科学者はダビングに必要な技術を持ち合わせています。また、通販で手に入れられる安価な製品はまだまだ発達が乏しいため、作業が悪いと爆発を起こしてしまいます。吸引に慣れるまでの間は、少しずつ喫煙していくのが良いでしょう。

もう一つ注意しなければいけない点があり、はじめてのダブ経験の際にCBD成分を過剰摂取してしまう恐れがある点です。蒸発によって成分を濃縮するため、過剰摂取には注意しなければなりません。命の危険にはさらされませんが、体が限界を超えてしまうと、場合によっては気分が悪くなることがあります。

使用方法は特に守っていただきたいと思います。

ダビングは、強力な成分を摂取しやすいという点で、医療的な利点を持っています。ダビングを行うことは、慢性痛や極度の吐き気を持つ患者に、即時かつ効果的な救済を得る最良な方法の1つであるといわれています。本当に強力な薬を必要な人にとって、多くのヘンプを吸引することは実行しがたいものです。純粋な成分を正確な分量だけを摂取できるため、医療的利用が期待されています。

ダビングによるCBDワックスの吸引は、より高濃度の成分を摂取できるという長所を持っている一方で、丁寧に行わないと危険性を孕んでいるという短所も持っています。ですので、ダビングを行う際は慎重に丁寧にやるとよいでしょう。

というか、リキッドに溶かしてヴェポライザーを使う方がラクだと思います。正直。

 

ワックスで自作CBDリキッド|ファーマヘンプ・プレミアムブラック

人気のVape・Just Fog「フォグワン」を徹底レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です