CBD製品において、「フルスペクトラム」とはどういう意味を持つものなのでしょうか。スペクトラムとはバラエティ豊富という意味を持っていて、原材料のヘンプ草に含まれている、すべての成分・要素を大切にして製造されたCBDオイルであることをうたったもののことを指します。

フルスペクトラムCBDオイルには、CBDのほかにも多くの必須ビタミンやミネラル、脂肪酸、繊維などが含有されており、それらが相乗的に効果を発揮します。実際に、ヘンプ草などの植物から抽出した単体の成分よりも、植物そのままの様々な成分が入っているエキスの方が薬理効果を期待できるという報告も数多く存在します。

通常のCBD製品は、フルスペクトラムCBD製品からさらに手順をかけて特定のエキスのみを抽出することにより製造されます。

フルスペクトラム製品の製造は、まず原液由来のカンナビノイド類を含んでいるエキスを取り出すことから始まります。ヘンプ草(ヘンプ)の茎や種子から超臨界二酸化炭素抽出法という方法で抽出していくことにより製造されていきます。この方法は、コーヒー豆からカフェインを抽出したり、魚からDHAを抽出する方法と同様のもので、CBD製品界だけではなく食料品界や医療品界などで応用的に実践されている方法です。

この方法の長所は、CBDの成分を完全に抽出できることや、カンナビノイド成分・テルペン成分などの成分を自然界に存在していたままの状態で抽出させられることです。この工程のあと、高速液体クロマトグラフィー分析を繰り返し、各種フレーバーとブレンドされ、ビン詰め・出荷されます。通常のCBD製品は、超臨界二酸化炭素抽出法にて成分を抽出し一回目の高速液体クロマトグラフィー分析にかけた後、カンナビノイド分離にかけることにより、CBDV、CBDAなどの成分を排除しピュアなCBDのみを抽出する作業が入ります。この作業により、CBD製品の成分として利用できる純度99%以上のCBD結晶が生成されます。

フルスペクトラムヘンプオイルは、CBD製品を製造する段階の中で、特定のエキスのみを抽出する作業を省いたものであるため、自然界のエキスをそのままバランスよく摂取することができます。よって、食欲増進、感情抑制、運動機能増進、免疫調整などの成果をより効果的に得ることができます。しかしフルスペクトラム製品はまだ知名度が低く、実店舗などでは入手しがたいのが現状です。CBD製品を多く扱う VapeMania などのショップを利用するとよいでしょう。

CBDワックスとは?