結果からお伝えすると、私たちは生活のバランスを維持するために必要な成分が不足しがちです。

バランスに関わる受容体が人間のカラダに備わっているのに、肝心のカンナビノイド量が極端に少ない。そこが問題です。

カンナビノイドと受容体の関係については、欧米を中心に研究され、よく知られています。

カンナビノイドとは?

どうしてカンナビノイド不足なのか?

カンナビノイドを摂取するメリットは?

原料でもある「ヘンプ」の歴史や科学を検証して、2つのポイントに厳選してまとめていきます。

カンナビノイド・CBD が不足するワケ

アメリカではカンナビノイド不足が懸念されています。普段の食事から摂れる量が不足してしまったからです。1930年以来、ヘンプ農家の数が激減してしまい、慣れ親しんできた作物たちが食卓に上らなくなってきました。アメリカ、そして日本も同じような状態にあります。食卓でヘンプナッツを取り入れたりしない限り、どうしても現代人はカンナビノイドが足りなくなってきます。

そこでCBDサプリの登場です。

メリットをひと言で表すと?

CBDオイルやリキッド、そして固形ワックスなどバリエーションが増えてきました。サクッと必要量。飲むタイプ、喫煙タイプ、イロイロあります。

カンナビノイドを気軽に摂取していくメリットをひと言で表すと

「生活のリズムやバランスを取り戻せるらしい!」

これが多くの研究を通して知られている事実です。

カンナビノイド・エンドカンナビノイド受容体の研究が続けば「治療法が180度変わるかもしれない」とまで言われています。「科学的な観点から見ても、多くの疾患の治療に使われるべきでしょ!」

そこまで研究が続いていけば、もしかするとCBDワックスも病院で処方されるかもしれませんね!

そうなったら最高ですねーー!!でも、こんなバリエーションのあるCBDを好きなように通販できるし、環境は悪くないと思います。既にじゅうぶん日本スゴイっす!

 

ニコチンの代わりに何が入ってる?

CBDワックスとは?